menu
Japanese/English
JP/EN
store
閉じる

 

  WORK JOURNAL

      スタッフの日々の仕事のことをつづっています。

1 2 3 4OlderOldest »

† March 27th, 2018

amazon fashion week2018

 

 こんにちは、入社1年目のSです。

「amazon fashion week 」にて

new brand "liroto" 18a/w collectionの発表をさせて頂きました。




モデルさん、演出家さん、ヘアメイクさん、関係者の方、

沢山の方に携わっていただいたおかげで素敵なショーが出来ました。




今回はその時のことを少し。

私は、フィッターとしてショーに関わらさせて頂きました。


どのモデルさんがどの衣装を着るのかを把握し、

フィッターさんに指示を出します。


ショーの前に一度、リハーサルを行い、流れを確認、、、。

沢山の方に関わって頂いているからこそ、情報の伝え漏れがないように

丁寧に確認をします。



リハーサル時には、時間が押してしまったりと、ばたばたしていましたが、

沢山の方にフォローを頂き、 本番は大成功に終わりました◎





初めてショーの裏方に参加させて頂き、

失敗してしまったところ、上手に出来たところ、

たくさんのことを学ばせて頂き、貴重な経験が出来ました!


次に参加させて頂くときには、今回の経験を

確り活かし、行動していきたいと思います◎



Palm maisonではこれからも様々な企画を行ってまいりますので

是非チェックして頂けましたら幸いです。



それでは、、☆




† February 27th, 2018

Palm maison Edit

 Palm maison vol.019



こんにちは。Palm maison 入社2年目のMOです。
2018年に年を明けてすぐに、、

3月20日に発売されるPalm maison vol.019の
グラフィックの編集を初めてさせていただきました。




その時の事を少しお話します。。







Palm maisonは年に2回、発行しています。
自分たちで撮影を行いテーマを作っているものや、
様々な方にご協力していただいて、
各テーマごとに1冊の本ができています。



写真はPalm maison vol.018のものですが、
少し、、、








Palm maison vol.018では自分も撮影に
参加させていただきました。

ロシアでの撮影でした。





撮影を終えたデータは編集され、
画像と配置のリクエストと共にデータを送って頂きます。


送られてきたデータに沿って
ページごとに配置していきました。(全部で115ページ)








去年から海外へのお取り扱いも
始めたので早めの印刷をしなくていけないので、
期日までに終わるよう社内で協力して、
良い一冊が出来たと思います!!!
ぜひ、お手に取って見てみてください。

全国の書店にて3月20日の発売になります。


Palm maison vol.019を宜しくお願いします。

それではまた、、。



† February 14th, 2018

item introduction

 

こんにちは。

入社後間もない、Sです。


2月になり、SSアイテムが続々と届きはじめ、

ご予約アイテムの梱包作業が続いています。

無事に届きますように。



さて、今回はSNSやメールマガジン配信についてです。
オススメのアイテムをSNSやメールマガジンで、日々ご紹介をしています。







どのブランドのアイテムも1つ1つ色や、素材、形 丁寧に考えられて、出来た作品です。
その良さや思いを伝えるのが私たち見せ手側のお仕事です。
アイテムページから一番いい写真を選定し、そこから持ってきます。
アイテムの紹介文や、写真の並べ方はとても大切なので慎重に、、、。



丁寧に丁寧に、間違いがないかを確認して、更新をしています。




SNSやメールマガジンでご紹介しているアイテムは、全て palm maison がこだわり、セレクトをしています。
ジャンル問わずさまざまで普段感じることの出来ない、独特な空気を楽しんで頂けると思います。

お気に入りのブランドやアイテムを見つけられる場所になっていたら、嬉しいです。





日々、新しいお洋服に出会ったり、新しいお仕事を覚えたりと毎日がとても充実しています。
ありがとうございます。


 




ということで今回は SNSやメールマガジン配信編でした。



それではまた。





† August 25th, 2017

Palm maison × ○○○



こんにちは。こんばんは。Palm maison 入社2年目の R.U です。
昨日あるブランドとの別注製作について打ち合わせに行ってきました。
ということで、今回は Palm maison オリジナルの別注にてついて少し





毎シーズン Palm maison では、
Palm maison × ○○○ といった
ブランドとのオリジナル別注を製作しています。


洋服だけでなく、カバンや財布といった小物まで
ブランドの特徴と Palm maison の感性
更にお客様からの声などを反映させ、既存のアイテムにはない、
そのブランドと Palm maison だからこそ生まれるアイテムを提案しています◎







今回の打ち合わせでは、こちらがイメージしていた素材感と、
ブランドから提案いただいた素材を元に、素材から方向性を煮詰めていきました。
素材からの着想もあれば、カラーリングはもちろん
ふとしたことが別注アイテムのアイデアになったりします。
今回は素材の見方を少し変えることで面白いアイデアが生まれました。
詳しい内容については出来上がってからのお楽しみ。








(写真はデザイナーさんの製作途中の愛車の模型。遊び心が伺える一枚。)


Palm maison としての提案はもちろん大切ですが、
もちろんブランドのイメージやデザイナーさんのポリシーなど、
ブランドとしてのイメージも崩さないよう一定の枠組みの中で、
Palm maison 独自の感性が反映できるよう進めていきます。
ブランドが今まで使わなかった素材感やカラーリング、
どのアイテムに落とし込むかなど、出来上がっていく過程が一番ワクワクします。


ブランドとセレクトショップの協力により、
新たなアイデアが生まれる''別注'' はとても面白いと思います。
昨日のことですが、もう今からサンプルの出来上がりが楽しみです。
今期も様々なブランドと提案をしていきますのでお楽しみに。
それではまた。

† June 23rd, 2017

Palm maison vol.018

 


こんにちは。Palm maison 入社1年目のMOです。

6月9日~6月17日の期間に、

9月発売の Palm maison vol.018 の撮影で代表と編集長とともにロシアに行ってきました。




Palm maison bookの撮影では、フィルムカメラを使って撮影します。

データを現像するまで出来上がりの状態が確認できないため、出来上がりがとても楽しみです。





撮影地は

サマラ州トリヤッチにあるとある博物館。






近所のバス停でも撮影。





日を変えて、撮影地も移動します。

野原での撮影。とても壮大でした。



ロシアはとても広いため、飛行機での移動もありました。

次は、スヴェルドロフスク州エカテリンブルグにあるとある「ダーチャ」での撮影です。

日本語直訳すると(菜園付きセカンドハウス)だそうです。




放牧されている牛もいる、とても長閑な所でした。






撮影もいよいよ終盤。

撮影最終地は、有名観光地でもあるモスクワです。

赤の広場が目の前のホテルでの撮影でした。






ロシアでの撮影は、長いようで短いものでした。

お見せ出来ていない写真も沢山ありますが、

それは、9月に発売されますPalm maison vol.18を見て頂ければと思います。

とても素晴らしい作品が完成しますので、心待ちにしておいてください。



海外撮影に同行させてもらえて、とても貴重な体験ができました。

ありがとうございます。




ということで今回は、Palm maison book 海外撮影の記事でした。


それでは、、、






1 2 3 4OlderOldest »


 




online storehttp://www.store.palm-jpn.comashiya store#2 14-10 Uchidekozuchicho
Ashiya-shi Hyogo JAPAN
GUSTAVE HIGUCHIYUKO

Japanese/English
ページの先頭へ戻る