menu
Japanese/English
JP/EN
store
閉じる



「Palm maison TOKYO(パームメゾントーキョー)」が
9月1日東京北青山にオープンします。

「Palm maison TOKYO」
〒107-0061 東京都港区北青山3-10-2 オフィス青山1階
営業時間:12:00~21:00 


TEL: 03-6427-1283
E-MAIL: tokyo@palmmaison.com 




† September 13th, 2018

Styling men.033 / 上品なニットソー合わせ

essaystudio nicholson

「上品なニットソー合わせ」


こんばんは。Palm maison store スタッフのRです。


本日はさらっと着れるニットソーを合わせた
シンプルでラフなスタイリングをご紹介。

まさに''今''すぐ着てもらいたいアイテムがニットソー!
普通のカットソーにはない雰囲気が秋口にピッタリ。




tshirt : ESSAY  size M
pants : STUDIO NICHOLSON  size S

model : joh 175cm (@za_yh101)














ニットソーは通常のカットソーに比べ、
カジュアルな雰囲気が和らぎますが、
エッセイのニットソーは更に一味違い、
上質な強撚のシルク素材を使用。
より一層上品なアイテムに仕上がっていて、
フワッとした柔らかさと光沢感があります。

野暮ったさがなく、上品な素材感とデザインなので、
パンツも上質なウールを使用したスタジオニコルソンの定番ワイドパンツを合わせました。

こちらのパンツは、
「Abraham Moon」 と呼ばれる英国羊毛を使用。
紡績からフィニッシングまでの全工程が、
英国内の工場で一貫して行われているので、
生地のクオリティは間違い無し。
英国生地らしいしっかりとした目付に、
ふっくらとした暖かみのある質の高い生地です。












エッセイのニットソーは生地が薄めなので
タックインをしてもオススメです◎
こなれた良い雰囲気に仕上がります。

ニットソーはシンプルなデザインですが、
胸元に入ったプリントが秀逸。
フランスの画家ジャン・フランソワ・ミレーの
名言がプリントされています。

プリントのフォントや文字のサイジングなど、
エッセイらしいグラフィックのセンスが光る一点です。
ニットアイテムはお馴染みのcrepusculeとの共作。
今回も質の高いアイテムに仕上がっています。










いかがでしたでしょうか。
フランスの画家の詩がプリントされたニットソーに
イギリスの羊毛を使ったワイドパンツの組み合わせ。
欧州のテイストが混ざっていて面白いです。

もう秋もすぐそこまでやってきました。
「今」はまさにコレぐらいのスタイリングで、
もう少し涼しくなれば、上にシャツでも羽織れば◎

エッセイのニットソーは3色展開で、
他にもブラックブラウンを取り揃えています。
中々ありそうでなかったニットソーオススメです。
それではまた。


« Newer       |       Older »


Palm maison store 芦屋店
Open / 13:00 ~ Close / 19:00
水曜定休

online storeの中からご覧になりたい商品がお決まりの場合
事前にご連絡頂きましたら、店頭にてご用意させて頂きます。
どうぞお気軽にお問合せ下さいませ。

TEL: 0797-26-6491
E-MAIL: info@palm-jpn.com


〒659-0028
兵庫県芦屋市打出小槌町14-10 サンパレス門2F


【交通機関ご利用の場合】

阪神本線「打出」駅 徒歩約1分
JR神戸線「芦屋」駅 徒歩10分


【車でお越しの場合】

大阪方面から
阪神高速神戸3号線「芦屋」出口を出て、
直ぐの「打出」の交差点を右折、
踏み切りを渡り、直ぐの交差点を左折。
1つ目の交差点を右折、左手すぐにお店があります。


神戸方面から
阪神高速神戸3号線「深江」出口を出て、
43号線を大阪方面へ、直ぐの「打出」の交差点を左折、
踏み切りを渡り、直ぐの交差点を左折。
1つ目の交差点を右折、左手すぐにお店があります。


※駐車場は今のところ完備しておりません。
セブンイレブンの斜め向かいにコインパーキングがございます。


Palm maison
online store 限定
ROYAL SERVICE




Palm maison 最新号vol.019 絶賛発売中◎

online storehttp://www.store.palm-jpn.comashiya store#2 14-10 Uchidekozuchicho
Ashiya-shi Hyogo JAPAN
GUSTAVE HIGUCHIYUKO

Japanese/English
ページの先頭へ戻る